人間関係

相手の立場に立って考える事

大切だという事はわかっていてもなかなかできない事。

それが、“相手の立場に立って考える事”だと思います。

仕事で依頼したシステムが出来上がったのですが、

それがひどいのなんの。。。

使う人の事を全く考えていないシステムでした。

入力ミスを修正できなかったり、削除できなかったり。。。

ユーザーの立場になって全く考えていないというより

ユーザーがこう使うであろうというのを、テストすらしていないのだと思います。

人は、とても自己中心的な生き物だと思います。

なので、相手の立場になって考えることは、人間関係やビジネスなど

ありとあらゆる場面で必要な事だと思うし、

この“相手の立場に立って考える事”という事をすればするほど、優位だという事は

わかっているけど、なかなかできない事だと思います。

ビジネスのシーンでも“ユーザーファースト”な製品であれば、

ユーザーの事など全く考えていない製品(自分が作りたいもの)より

当然、評判はいいでしょうし、売れ行きもよくなるはずです。

人間関係でも、相手の気持ちを考えながら、言動や行動している人と

相手の事など全く考えない自分勝手な人を比較すれば、当然前者のほうが信頼されるし

友達も増えると思います。

しかし、再三言ってますが、人間は本当に自己中心的な生き物なので、

相手の立場になって考えることの必要性をわかっていても、なかなか行動できません。

では、どうすればよいか?

こればかりは、“相手の事を考える事“を常に意識して、行動する。

この積み重ねによってのみ、はじめて習慣化するものだと思います。

私もいまだにできていないところが多いと思いますが、できる限り

“相手の事を考える事”が習慣化すれば、無敵だと思いませんか?

一緒に普段の生活で意識していきましょう!

今回のお話があなたのためになれば幸いです。

-人間関係
-

© 2022 アラフォーアラフィフおやじの考え事 Powered by AFFINGER5